一重・奥二重のアイメイクの方法・仕方 について

アイプチで二重にするコツ,一重まぶたを活かした切れ長アイメイク,ナチュラルアイメイクの仕方,簡単アイメイク,アイメイクの色選びの基本,アイシャドウの使い方,一重のアイメイク,大人のアイメイク,奥二重のアイメイクの方法,ギャル系アイメイク,一重・奥二重のアイメイクの方法・仕方,最新情報を紹介しています。


最新記事

アイプチで二重にするコツ

おすすめテクニックにはアイプチに付属されているスティックは使用せずに、爪楊枝で(奥)二重のラインを作るというものがある。

また、アイプチの説明書には、のりを塗って乾いてから押さえると書いてあると思うが、乾くのを待たずに押さえてしまう方法がある。

これは、のりが乾く前に(奥)二重を整えるテクニックである。


一回で好みの位置にくっつけるコツとまぶたに(奥)二重のクセをつけるように何度も練習するといい。

いざというとき、何度もやり直してしまうとまぶたも荒れてしまうし、(奥)二重のクセが定まらないのでしっかり練習しておくことが大切である。

目の周りはとても柔らかい皮膚で、そこに余分なもの(接着剤)をつけるのだから、スキンケアにも十分に気を配って下さい。

目元専用の美容液もあるので、十分にケアすることをおすすめする。



一重まぶたを活かした切れ長アイメイク

見落としがちなのが、アイラインの重要性であり、アイラインを入れると入れないとでは目元の印象が大きく変わってくる。

一重まぶたの方の場合、あまりアイラインが目立たないということもあり、どうしてもアイラインを軽視しがち。

でも、クールビューティーには、目尻をはね上げるようにして描くと切れ目の印象がうまくでて効果的である。


アイシャドウも目尻側を強調するようにするといい。

基本はスッキリした寒色系にして、寒色系を2色グラデーションさせて立体的にするとさらに素敵である。

暖色を使うとまぶたが腫れぼったくなるので、初心者は難しいかもしれない。


まつげも重要なポイントとなる。

一重まぶたの方の場合、まつげが下に向かって生えているので、しっかりとビューラーをしなければならない。

ビューラーが苦手な人はまつげパーマがオススメ。

また、まつげにボリュームや長さがもっと欲しいという人は、つけまつげもおすすめです。


インフォメーション

おすすめ

RSSリーダーへ登録

一重・奥二重のアイメイクの方法・仕方をMy Yahoo!で購読する
一重・奥二重のアイメイクの方法・仕方をGoogle readerで購読する
一重・奥二重のアイメイクの方法・仕方をlivedoor Readerで購読する
一重・奥二重のアイメイクの方法・仕方をはてなRSSで購読する

パーツ