肌への負担を軽減する方法①

ここでは、肌への負担を軽減する方法についてご紹介する。

脱毛クリームを使った脱毛方法は、剃ったり抜いたりする方法に比べると肌への負担が少なく仕上がりもきれいである。

しかし、毛穴の奥の毛まで溶かしたいと考えて長い時間脱毛クリームを塗ったままにしておくと肌への負担が大きくなってしまう。

抑毛効果のある成分を含んでいる脱毛クリームもあるが、どのタイプを使う場合であっても規定の放置時間は守るようにしましょう。

脱毛でムダ毛をきれいにすることができてもベースとなる肌が荒れてしまっては意味がない。

肌への負担を軽減する方法②

また、脱毛処理後に使用するローションとセットになって販売されている脱毛クリームも多い。

これらは、脱毛クリームに含まれるアルカリ性の薬剤の成分が皮膚の組織を溶かして肌に負担をかけてしまうをケアするためのものである。

ローションには毛の成長を遅らせる抑毛の効果がある成分が含まれている場合も多い。


また、肌に優しい方法として天然成分のみの脱毛クリームや脱毛ローションなどを使ってみるという方法もある。

例えば、豆乳、パイナップル、パパイヤなどから抽出した天然成分を配合した脱毛クリームや脱毛ローションもいろいろな種類が発売されている。

天然成分なので化学成分に比べて除毛の効果は比較的穏やかであるが、続けて使用することによって効果が出てくるようである。

薬品類が肌に合わない人、化学成分が原因で皮膚がかぶれてしまう人などにはオススメである。

関連エントリー

脱毛クリームの効果 TOP >  脱毛クリームの効果  >  肌への負担を軽減する方法

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

脱毛クリームの効果をMy Yahoo!で購読する
脱毛クリームの効果をGoogle readerで購読する
脱毛クリームの効果をlivedoor Readerで購読する
脱毛クリームの効果をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo