脱毛ワックスとの違い①

ここでは、脱毛クリームと脱毛ワックスの違いについてご紹介する。

脱毛方法にもいろいろな方法があるが、脱毛クリームと脱毛ワックスとの違いがよくわからない、という人もいるようである。

脱毛クリーム、脱毛ワックスどちらのタイプも塗ることによってスベスベになる脱毛グッズという捉え方をすれば同じであるが、ムダ毛を処理する方法としてはぜんぜん違うタイプの物である。

クリームとワックスの仕組みの違いについてご紹介する。

脱毛クリームは、アルカリ性の薬剤の効果によって皮膚表面のムダ毛を溶かして除去するタイプである。

アルカリ性の薬剤をムダ毛の部分に塗り少しの時間放置することによって、化学反応を利用してムダ毛を溶かす方法である。

毛を溶かす方法のため皮膚への痛みなどはないのが特徴となっている。

脱毛ワックスとの違い②

脱毛ワックスは、温めたワックスをムダ毛処理したい皮膚表面部分に塗って伸ばし、時間がたって冷えて固まったら時にワックスをはがすことによって毛を抜くタイプである。

つまり脱毛ワックスによる方法は、毛を抜く方法なのである。

そういう意味では毛抜きによる処理や脱毛テープによる処理と同じタイプである。

しかし、ワックスの場合には皮膚が温められるため、比較的肌への負担は少ないとされている。

ただ、脱毛ワックスによる処理方法は、毛を抜くという行為には変わりがないため、毛穴の炎症などの肌トラブルになるケースもある。

脱毛クリームと脱毛ワックスとの大きな違いは、ムダ毛を溶かして処理するのか、抜いて処理するのかの違いである。

関連エントリー

脱毛クリームの効果 TOP >  脱毛クリームの効果  >  脱毛ワックスとの違い

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

脱毛クリームの効果をMy Yahoo!で購読する
脱毛クリームの効果をGoogle readerで購読する
脱毛クリームの効果をlivedoor Readerで購読する
脱毛クリームの効果をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo