かみそりの選び方・使用上の注意①

ここでは、かみそりを使用して脱毛する場合の注意点についてご紹介する。

かみそりの種類としては、T字型の安全かみそり、シェーバー(ナショナル製のソイエなど)とも呼ばれる電気かみそりがある。

電気かみそりは、毛を引き込みながらカットしていく。

インターネットやブログの体験談を見ると、刃が表に出ていないが意外と深く剃れる場合があって、皮膚も一緒に切ってしまう場合もあるようである。

しかし、ムダ毛を処理した後に肌が乾燥してかゆくなるタイプの人には、電気かみそりの方が合うとされている。

かみそりの選び方・使用上の注意②

安全かみそりは使い捨てタイプのものもあるが、刃の質を考えると替え刃式のかみそりがオススメである。

横滑り防止の安全ガードの機能がついていたり、コーティングを施してあって滑りをよくする工夫がされているタイプもある。

また、いつまでも同じ刃のまま剃っているのはよくない。

かみそりの刃は、意外に傷んでくるのが早く、刃が傷んでくると皮膚に傷をつける可能性が高くなる。

替え刃式のかみそりを使う場合には、両腕、両脚を何回か剃ったら刃を交換するくらいでもいい。

かみそりを使う場合には刃物で毛を切り取って行くので皮膚も少なからず傷つけられる可能性があり、場合によってはかみそり負けなどのトラブルを起こすケースもある。

かみそりを使って剃る場合には、毛の流れに逆らって剃る「逆剃り」は肌への負担が大きくなってしまうため、毛の流れに沿って剃るのがオススメである。

また、シェービングフォームなどを使って肌の表面の滑りを良くしてからやさしく剃ることによって肌への負担を抑えることが出来る。

あとは脱毛処理後に保湿を忘れずに行うといいでしょう。

関連エントリー

自宅で簡単脱毛グッズ TOP >  脱毛グッズ・機器  >  かみそりの選び方・使用上の注意

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

自宅で簡単脱毛グッズをMy Yahoo!で購読する
自宅で簡単脱毛グッズをGoogle readerで購読する
自宅で簡単脱毛グッズをlivedoor Readerで購読する
自宅で簡単脱毛グッズをはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo